風俗業界「ピンサロ」

ピンサロとは簡単に言えば「キャバクラで女の子とお酒を飲んだりしながら会話を楽しみ、更に下半身をサービスしてもらえるところ」と言えば想像がつきやすいと思います。

プレイはおしぼりなどで性器を拭いた後、座ったまま手コキやらフェラが始まります。おさわりも女の子によっては可能です。そしてフィニッシュしたあとはまたおしぼりで綺麗に拭かれ、プレイは終了となる。

多くの店舗は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の風俗営業2号営業、もしくは深夜における酒類提供飲食店営業の届け出で営業しており、すなわちこれはキャバレーの様な建前であって、他の性風俗店と異なり性風俗関連特殊営業に位置づけられていない。にもかかわらず性的なサービスを行っているため、当局による営業停止処分を受ける程度のことはそう珍しくない。

いわゆるグレーの風俗業種と言える。
風俗業界の広告ご依頼はこちらがオススメです!

風俗業界「ソープランド」

ソープランドは、通称ソープと呼ばれ、法律上では「特殊浴場」として認可されています。
本番行為が唯一風俗の中でも行うことができる業種となります。ある意味ではグレーゾーン的な存在となっています。
高級店・大衆店・格安店とあり、お客様の懐具合にも対応してサービスを展開しています。
コンパニオンの風俗的なサービスだけではなく、豪華な待合室や高級車による無料送迎などお客にとって王様気分が味わえ、根強いファンが多いのが特徴です。
気になる稼ぎの方ですが、やはりソープランドは時給的な面で見たとき稼ぎは巨額です。
短期間で稼ぎたい人にお勧めですし、将来的にお金が必要だから貯蓄して夢を叶えたいと考える子にも最適です。
風俗の広告をお考えなら

風俗業界「ファッションヘルス」

風俗で一般的にヘルスと言えばこの「ファッションヘルス」を指し、個室での性的サービスを受けることのできる店舗型風俗店のことです。
風俗店にやってきた男性客は、女の子の写真を見てどの子とプレイするのかを選びます。
そして選ばれた女の子は待機場所からお客さんと一緒にプレイルームに行き、そこでサービスを提供する仕組みになっているのです。
入店受付で顔写真を見て指名できる店が多く、個室でのプレイ内容は、シャワーを浴びた後、全身リップや乳首を舐め、手コキ、フェラチオ、玉舐めなどなど…
最後はフェラチオか素股(非本番行為)でと言うのがオーソドックスです。
プレイ後に再度シャワーを浴び、女の子に見送られるまでがサービスとなっています。
給料に関しては、相場的なところではデリヘルと同様であり、やはり豊富なオプションによって稼ぐことが出来るようになっています。
また、指名制度もあって、指名された分の金額はそのまま女の子が受け取ることが出来る仕組みになっています。
こちらも働き方次第で月に数十万円稼ぐことが可能です。
ちなみに、デリヘルとファッションヘルスでどちらで働くのかと言われた場合、風俗初心者であればこちらをお勧めします。
お客さんと密室で2人きりになるデリヘルよりも、近くにスタッフがいるファッションヘルスの方が防犯的に優れているからです。
店舗型性風俗の届け出が法律で決まっているので許可された地域、いわゆる大人の歓楽街に密集しています。
風俗業界の広告ご依頼はこちらがオススメです!

風俗業界「デリヘル」

風俗業界におけるデリヘルとは、デリバリーヘルスのことを言います。
基本的にお店は店舗を持たない無店舗営業を行っています。
お客さんの自宅やホテルなどに女の子を派遣し、ファッションヘルスと同様のサービスをします。
電話やネットで予約し自宅やホテルに呼ぶことが出来る為、お客様の都合(遊びたい場所や時間)に合わせられる利便性が流行の要因です。
開業には無店舗型性風俗特殊営業許可証が必要となります。
無店舗ですので看板などを出すことはできません。
広告はインターネットがほとんどで、派遣された女の子は、お客さんが指定した時間内でサービスを行います。
本番行為が禁止されているため、それ以外のヘルスサービスを行います。
女の子給料は相場として60分で6000円から8000円程度だと言われていますが、豊富なオプションが用意されており、それによりさらに収入を伸ばすことができるのです。
稼げる風俗嬢になると、月に数十万円は普通に稼ぎます。
派遣された女性が好みでない場合は、断って別の女性に変更(チェンジ)できることもできますが、チェンジキャンセル料が発生することが多いです。
また一人でホテルに入りにくいお客様のために、待ち合わせをして一緒に入るシステムのお店も増えてきています。
風俗の広告はこちらへ!